3/15 イベント参加者の御感想


2019/3/15 「ヒトを知り、ジブンを広げるプログラム Vol.6」に参加された方々の御感想を一部ご紹介いたします。(当日の様子はこちら

●子供

・とても興味深くて自分の将来の良い糧になったと思う。

・自分が知らなかったこと、知っていたこともありました。けれども、話すたびに発見があり、とても勉強になりました。1時間半もあっという間でした。それに、いろいろな人の意見も聞けて自分の意思も言えたので自信がつきました。

・先生の言っていることは難しかったが面白かった。AIに人間が教えることでAIは成長するのと、人間が先輩に教わったことを下級生に教えることで成長するということは、作りが似ているなと思った。頭を柔らかく生きていこうと思った。

・自分の知識や考え方の説明や教えることで知識を再確認・再構築ができて、知識のレベル、質を上げられることが分かった。

・擬似的な体験をするよりも実際に体験することを選びたい。事務的な作業はAIに移管されるべきと思った。

・中学の勉強では見えていない物がまだまだあるのだと思った。無駄かもしれないことがいつか何かに通じているのだと思う。

・成功するためには挑戦することが大切。

・頭に詰め込むだけでは+αを学ぶことはできないと感じた。僕も慶応大学に行くので、そのことを意識したい。人間の武器は「考えること」だと思う。その武器を最大限に活用していきたい。でも人間は時に間違った方向に考えてしまう。その面では人間の脳はおろかだ。悲しまない選択をしたい。

・対話型の授業はコミュニケーションもとれるし、いいなと思いました。見ている人たちの先例に合わせて難しい内容をわかりやすく理解しやすかったです。

●大人

・今まで自分の関われない世界のお話を詳しく聞けたのはとても刺激になりました。もっと若いころに、というか子供の時代にこういうチャンスがあったらよかったのにな・・・と感じました。

・今日は子供たちと一緒に参加しました。少し難しいお話だったかなと思いましたが、デジタルとは・・・のお話がとても分かりやすく勉強になりました。また、自分のスタイルで書くということにも共感しました。本日はありがとうございました。

・自分で理解したことを自分の言葉で話すこと、伝えることが大切であることが印象的でした。子供の気持ちを大人が代弁しないで、自分の言葉で話せる子になってほしいと思いました。AIが人間を超えることはないことが分かりホッとしました。

・数学は苦手なんですが・・・数学とプログラミングの世界がつながるんですね。人に教えることで自分の知識を再構築することができるという意見は私も共感します。その通りですね。

#イベント

© 2016-2020 enega和

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram