ゲストのお二人からメッセージ


7月19日(水)「ヒトを知り、ジブンを広げるプログラムVol.2」にゲストとして参加してくださる澤井さんと松永さんから、中高生の皆さんにメッセージが届きました。

澤井 潤さん: 「今の世の中は、誰かのやりたいことや、わくわくしたことを仕事にできて、形にできる、そんな時代だと思います。この時代の最先端にいるのが、中学高校生の皆さんで、できれば今の段階からある程度、自分のやりたいことや、自分が世の中に出て働く、ということをイメージしておいてほしいと思います。自己評価でいいから、仕事を楽しみ、キラキラした自分でいるために、今のうちから、どんなことを考えていてほしいか、どんなことをしておいてほしいか、について私の経験を踏まえながらお話しすることができたらと思います。当日、皆さんとお会いできることを楽しみにしています。どうぞ、よろしくお願いいたします。」

松永 絵葉さん: 「ニュージーランドへ単身高校留学してみたり、タイで月給3万円の日本語教師をして みたり、安定に目がくらんで特許事務所で働いたり。同級生は新卒で大企業に入り、 順調にキャリアを積む中、27歳にして転職3回。ついに、突き詰めたいと思える仕事 に出会う。回り道や寄り道をして、自分なりに思うことの中から、「正規のルートだ けがルートではない」、「日本だけではもったいない」、「できる事はサバイバル能力を高める」の3点をお伝えします。」

7月19日のイベント当日、お二人からどんなお話しが飛び出すのか、とても楽しみですね。

もちろん、参加者の皆さんからの質問も大歓迎。みんなで楽しいひと時を過ごし、将来へのヒントを持ち帰りましょう!

#イベント

© 2016-2020 enega和

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram